ひよけのほっとルーム

ひよけのほっとルーム

セクマイ・保育士の雑記ブログ

保育士資格の取得に四年制の大学をおすすめする理由

f:id:hiyokesensei:20190219232643j:plain

学校に通って保育士資格を取ろうとしている人には、四年制の大学へ行かれることをおすすめします。

どうしようか悩んでいるのなら、そして選べるのなら、四年制大学を選んでほしいです。

 

現在の中高生など、将来、保育士資格又は幼稚園教諭資格を取り、保育士や幼稚園教諭になろうとしている人、中でも専門学校や大学へ2~4年間通って資格を取るつもりの人へお届けしたい内容です。

 

※ちなみに保育士資格は独学でも取得可能です。社会人になってからでも勉強して試験に挑めば取得できます。科目数が多く難しいため、それでも2~3年かかる人が多い印象です。(もちろん一発合格、1年で取れる人もいます)

あなたが本当に保育士・幼稚園教諭になるかはわからない

保育士資格は2年間の短大や専門学校、3年間の専門学校、4年間の大学と、大きく分けて3つからまず選べます。

 

2年間で保育士資格を取っても、4年間かけて取っても、保育士資格の内容自体は変わりません。

 

早く働きたい気持ちや、結局取れる資格が同じならと、2年や3年の学校に行く人が多いですが、私は4年間大学に通って良かったと今痛感しています。

なぜなら、今、私は保育士を辞めようとしているからです。

 

あなたも、資格を取ったからと言って、必ずしも一生保育士の仕事をしていくかどうかは、わかりません。

 

1年務めるか、3年務めるか、30年務めるのかは、だれにもわかりません。

小さいころからの夢と学生時代の心変わり

私はもともと、小さい時から幼稚園の先生になりたいという夢があり、幼稚園教諭一種が取得できる大学を選びました。

 

ずっと夢だった幼稚園の先生に、絶対になると思っていたし、そのまま幼稚園の園長先生になって一生その仕事で食べていくんだと、その当時は思い込んでいました。

 

※幼稚園教諭の資格は二種類あり、一種と二種があります。二種は短大専門で取得でき、一種は四年制の大学でしか取得できません。園長になるには一種が必要です。

 

正直、保育士資格は、おまけ程度にしか考えていませんでした。

 

でも、そもそも、おまけ程度にしか考えていなかった保育士に、私は結局なりました。保育園に就職し、5年間働いたのです。

 

大学で4年間、保育や教育について学んでいるうちに、保育園に通う子供たちに寄り添いたい、その保護者の支援がしたいと考えが変わっていきました。

 

実習やアルバイトで保育園の現場を見たことも、大きく影響しています。0歳から2歳の子どもたちがとても可愛かった。

 

4年間の大学生活の中で、0歳から卒園する6歳まで、成長を見守ることの出来る保育士という仕事にとても憧れていきました。

 

4年という時間は、自分の数十年抱えてきた夢さえも大きく変える可能性がある時間だということです。

 

大卒とお給料

就職先によって様々ですが、大学卒と短大卒、専門卒で、初任給に差をつけている園もあります。数千円~数万円程度かもしれませんが、大卒の方が高いことが多いです。

 

就職が短大卒の人たちに比べて遅くなる点が大学卒は不利ですが、給与に関しては損することは無いように思います。

 

保育・教育から一般職へ

f:id:hiyokesensei:20190219232827j:plain

学校で保育や教育を学ぶ内に夢を変更することもあれば、そもそも「やっぱり自分はこの道ではないかもしれない」と気が付く場合もあります。

 

私自身、在学中に何度も心が折れて、保育以外の仕事を探した時期もありました。大学を辞めることも検討したくらい。

 

で、そんな時に「大学卒」というだけで、就職先の選べる幅がぐっと広がることに気が付きました。

 

正直、保育の学校を出ていると、保育園や幼稚園など以外の一般企業への就職は、難しいと感じる場面が多々出てきます。

 

今、私は保育士を辞めようとしており転職活動していますが、興味があるなと思う職種、業種、そして会社情報を見ていると、

 

「応募資格」

の欄でだいたい、心が折れます。

 

保育園でPCも使ってはいるけど、ワードやエクセルの、最低限のことしかできない。それ以外のソフトの名前は聞いたことも無い。

 

「○○資格」は、もちろん持ってない。

 

ただ、大学を卒業しているだけで、

 

「大学卒以上であること」の項目はクリアできるんです。

 

有名大学では無くても、大学で学んだという事実を評価して、ひとまず選考をしてくれる企業がこの世にはある。と知りました。

 

そうすると、ここも受けられるし、ここもどうかな…と転職の幅が広がりました。

 

もちろん、だからって絶対に転職がうまくいくとかそういうことではないです。あくまでも、視野が少し広がるというだけ。

 

高校生の時の私は、保育・教育以外の仕事を探す日がくるなんて夢にも思っていなかったけど、現実にそういう日がやってきてしまった今、あの時周囲の意見を押し切ってでも、大学を受験することを選んだことは間違えてなかったなと思えます。

 

ただ、奨学金借りながらバイトしながら学校通うのめっちゃきつかった。今もずーっと返済してる。

 

でも、そのしんどさが拭えるくらい、有意義でした。大学生活で保育関係以外の友人ができたり、サークル活動したり、大切な恩師に出会えたり、保育科の仲間と切磋琢磨したり。先生方が優秀で、嫌いだった図工や美術、体育も好きになれた。

 

辛い時もあったけど、無駄なことは1つもない4年間でした。

 

大学で資格を取るメリット・デメリット

f:id:hiyokesensei:20181112230654j:plain

メリット

◎一生保育・教育で食べていくなら大学で学んで資格取れば一生もの。給与も若干プラスが見込める。

◎そもそも本当に自分が保育の道に進みたいのか時間をかけて見極められる。

◎一般職に切り替えたときに、道筋が増える。

◎大学で出会える他学科・学部、サークルの友人が出来る。

 

などなど。

 

デメリット

◎お金がかかる。

◎2年や3年卒の人より就職が遅くなるので、タメの先輩や年下の先輩が就職先にいることがある。

 

タメや年下の先輩とかは、社会人になると当たり前によくあるので、慣れます。働いてるとすぐに年上の後輩とかもできます。正直、なんとでもなります。

 

学生のころよりも、細かい年齢ってそんなに気にしなくなり、どれだけ仕事できるかの方が、評価される対象になっていく気がします。

 

支離滅裂な文章で申し訳ないのですが、とにかく、選べるのなら大学にぜひ行ってほしいなという話でした。よく調べ、実際に学校を見学し、慎重に選ぶことをおすすめします。

 

就職についてはこちらから。

www.hiyokesensei.com